クリックするとTOP画面に戻ります
 滋賀県近江八幡市の戦争遺跡一覧 収録遺構数:1 


陸軍飛行第一集団
飛行第三連隊
八日市飛行場


 所在
  近江八幡市
  安土町下豊浦

 収録遺構 (1)
  建物 1

 実地調査
  2017年 8月







飛行第三連隊の前身であった飛行第三大隊は、第十六師団に隷属した部隊で、各務原において編制され、民間飛行場がおかれていた沖野ヶ原飛行場を整備して、これに隣接する形で1922年(大正11)に兵営が設置されました。

その後、飛行第三連隊への改編を経て隷属先が飛行第一集団に変更され、爆撃・偵察の錬成にあたりましたが飛行第三戦隊へ改編されたのち1942年(昭和17)に八戸へ移駐しました。

飛行第三戦隊が八戸に移駐したのち、第五十一教育飛行師団の隷下部隊であった第一〇四教育飛行連隊が引き続き施設を使用し、軽爆撃機を使った戦技教育が実施されました。

太平洋戦争の末期は第四教育飛行隊に改編され第五十二航空師団の隷下となり、児玉飛行場に移駐しました。

第四教育飛行隊の移駐後は飛行第二四四戦隊が小牧から移り、中部・近畿地区の防空を担当し終戦を迎えました。

なお、兵営や飛行場の敷地は現在の東近江市におかれましたが近江八幡市の安土匠の里に戦闘指揮所を移築したものとされる木造建物が 1つ残っています。

 Music By ―― DOVA-SYNDROME

滋賀県 都市選択画面に戻ります
Create By  YUMMY-LTDGRP.
inserted by FC2 system