クリックするとTOP画面に戻ります
  日本爆発物製造 平塚製造所 (平塚第二海軍火薬廠)

 戦争遺跡詳細

 正門



 【所在】
  平塚市追分

 【分類】
  門柱




横浜ゴムの工場入口に残存しています。

門柱はコンクリートで造られており、下部と頂部にそれぞれポイントが入っています。

現在は、横浜ゴムの正門として引き続き使用されています。

 第四工場
 関連建物群



 【所在】
  平塚市追分

 【分類】
  建物








横浜ゴムの工場内に残存しています。

建物は、屋根や側面が大きく改装されている状態ですが、当時の建物群であると推測しており、電気および廠内機器の修繕保守と工作などを行っていた第四工場に関連したものと思われます。

現在、これらの建物は横浜ゴムの工場に使用されています。

 会計部
 関連建物



 【所在】
  平塚市追分

 【分類】
  建物




横浜ゴムの工場内に残存しています。

建物は、屋根や側面が大きく改装されている状態ですが、会計部に関連した当時の建物であると推測しています。

現在、建物は横浜ゴムの工場に引き続き使用されています。

 軍用地境界塀



 【所在】
  平塚市追分

 【分類】
  軍用地境界塀




平塚共済病院の北側付近に残存しています。

塀は鉄筋コンクリート製で、第五工場が設置された敷地の南西端にあたっています。

現在は、平塚共済病院と隣接する住宅地とを仕切る塀に引き続き使用されています。

 第二工場
 第一気缶場



 【所在】
  平塚市浅間町

 【分類】
  建物




富士チタン内に残存しています。

建物は、外側がイギリス積み工法を使用した煉瓦造りで、内側が鉄材で補強されており、建築史という観点からでは、煉瓦建築と鉄筋コンクリート建築との間の時代に多用された鉄骨造と呼ぶ建築技術が導入されています。

現在は、富士チタンの工場建物に使用されています。

 第二工場
 関連遺構



 【所在】
  平塚市浅間町

 【分類】
  その他




富士チタン内に残存しています。

この遺構の詳細は判りませんが、かなり古いコンクリートで造られており遮蔽するための塀にも見えます。

現在は、富士チタンの工場の一部として使用されています。

 第二工場
 綿薬精製場



 【所在】
  平塚市浅間町

 【分類】
  建物




富士チタン内に残存しています。

建物は鉄筋コンクリート構造の 2階建てで、綿薬精製場として使用されました。

現在は、窓や屋根などが改修されている状態ですが、ほぼ当時の状態を保ち富士チタンの工場として引き続き使用されています。

 第二工場
 関連建物群



 【所在】
  平塚市浅間町

 【分類】
  建物








富士チタン内に残存しています。

建物は、屋根や側面が大きく改装されている状態ですが、当時の建物群であると推測しており綿薬製造工場として稼動した第二工場に関連したものと思われます。

現在は、富士チタンの工場建物に使用されています。

 第二工場
 関連建物



 【所在】
  平塚市浅間町

 【分類】
  建物




富士チタン内に残存しています。

この建物の用途は判りませんが、基礎部分がコンクリートの木造平屋構造あることから、当時の建物と判断しました。

現在は、富士チタンの工場建物に使用されています。

 第二工場
 防火水槽



 【所在】
  平塚市浅間町

 【分類】
  その他




富士チタン内に残存しています。

防火水槽は円形のコンクリート製で、上部はコンクリートで蓋をしている状態です。

現在は放置状態ですが、富士チタンの敷地にあるので、このまま残るものと思われます。

 第一工場
 研究部



 【所在】
  平塚市西八幡 1

 【分類】
  建物




パイロット平塚工場内に残存しています。

建物は、屋根や切妻が大きく改装されている状態ですが、側面はレンガ造りの平屋構造であることが判ります。

建物の用途は不明ですが、配置図を見る限り研究部が使用していたものと思われます。

建物は引き続きパイロット平塚工場の施設に使用されています。

 第一工場
 関連建物



 【所在】
  平塚市西八幡 1

 【分類】
  建物




パイロット平塚工場内に残存しています。

建物は、屋根や側面が大きく改装されている状態ですが当時の建物であると推測しており不揮発性溶剤火薬製造工場が設置された第一工場に関連したものと思われます。

現在、建物は引き続きパイロット平塚工場の施設に使用されています。

 第一工場
 関連建物



 【所在】
  平塚市西八幡 1

 【分類】
  建物




パイロット平塚工場内に残存しています。

この建物の用途は判りませんが、基礎部分がコンクリートの木造平屋構造あることから、当時の建物と判断しました。

建物はそれほど大きくないので、トイレではないかと推測しています。

現在、建物は引き続きパイロット平塚工場の施設に使用されています。

 軍用地境界塀



 【所在】
  平塚市西八幡 1

 【分類】
  軍用地境界塀




パイロット平塚工場の東側に残っています。

塀は鉄筋コンクリート製で、第一工場が設置された敷地の東端にあたっています。

現在は、パイロットの工場と住宅地を仕切る塀に引き続き使用されています。

 軍用地境界塀



 【所在】
  平塚市西八幡 4

 【分類】
  軍用地境界塀




三共化成の工場の東側に残存しています。

塀は鉄筋コンクリート製で、第一工場が設置された敷地の東端にあたっています。

現在は、三共化成と隣接する住宅地を仕切る塀に引き続き使用されています。

 Music By ―― Music is VFR

平塚市 戦争遺跡一覧画面に戻ります
Create By  YUMMY-LTDGRP.
inserted by FC2 system